Home > スポンサー広告 > アンデッドと海

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://jinwow.blog81.fc2.com/tb.php/25-73897b65
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Kodoku

Home > スポンサー広告 > アンデッドと海

Home > World of Warcraft > アンデッドと海

アンデッドと海

Rogueに生まれ変わってから一ヶ月半ほど経ちました。しかし未だにレベル25な僕なんですが、
これまた未だにThe Barrensでクエストをこなしています。



クエスト終了の報告をする為にCamp Taurajoという村に向かっていたんですが、またしてもこのようなログが大量に流れてきました。
WoWScrnShot_180.jpg
前にもクエストの報告に戻ったところ、村が襲われてNPCが全滅させられていたということが何度かありましたが、とりあえず戻ってみることにしました。



WoWScrnShot_181.jpg



WoWScrnShot_182.jpg

思った通りNPCはほぼ全滅状態でしたが、フライトマスターがまだ生き残っていました。ここを襲っている人達がいつ飽きるかもわからないし、すぐ近くのThe Crossroadsでもクエストの報告をする必要があったので、先にそちらを済ませようと思ってCrossroadsに飛ぶことにしました。



WoWScrnShot_183.jpg
なるほどー。そうやってHordeとAllianceのプレイヤー間での対立を煽って、両陣営の争いをさらに熱いものにしたいのですね。その方がゲーム的には面白いですもんね。僕は怖いから隠れて見てるだけですけどね。



そしてThe Crossroadsに着きました。
WoWScrnShot_185.jpg
そうなんです、この方は先週もここで死んでいたのです。たぶんCrossroadsを襲っていて返り討ちにあったのだろうと思いますが、死体って一体いつまで残るんだろう?ログアウトしたら消えるのかなー。そうだとしたらずっとインしっぱなし?!えーーーっ!!電気代もったいないわ!



それから華麗にクエストの報告を終えまして、Camp Taurajoに戻るか他のことをするか考えていたら、“FishingSkillが上限の150になってしまっていて、いくら釣ってもスキルが上がらないので、なんとかしないといけない”ということを思い出しました。


どうすればいいのかを華麗に調べたところ、Booty Bayで売っているExpert Fishing - The Bass and Youという本を買って読まないといけないみたいです。そしてBooty Bayへは、お馴染みのRatchetから出ている船に乗って行けるようです。


あの船か!今まではどこに連れて行かれるかわからなかったので、怖くて乗ったことのなかったあの船か!これは行くしかない!



というわけで、今度は船に乗るためにRatchetへ飛びました。
WoWScrnShot_184.jpg



Ratchetに到着すると、また驚くことがありました。
WoWScrnShot_186.jpg
Ratchet内にある錆びた大きなイカリの上にオークの女性が立っています。
先週ここを訪れた時にもあの人はいたと思います。何をしているのかはわかりませんが、だいたい1分に1回ぐらいの間隔でジャンプします。しかもレベル1です。激しく謎であります。



近付いてみた。
WoWScrnShot_188.jpg
なんというナイスバディ!しかも巨にゅ・・・(ry



いけませんおっぱいに見とれてる場合ではありません早く船に乗るのです。
WoWScrnShot_187.jpg
ついに僕もあの船に乗る時が来たのです!



危うく乗り遅れそうになりながらも、乗り込むことができました。船が出港するとすぐにロード画面に切り替わりました。別の大陸に行くのですね。どんなところに着くのかドキドキします!
WoWScrnShot_189.jpg



そして大移動の果て辿り着いたのは・・・



WoWScrnShot_190.jpg
緑の木々と、透き通る青い海に囲まれた南国リゾートのような街でした。
南国リゾート地にアンデッドはこの上なく不釣合いですが、あまりの景色の美しさに潮風がホネに染みさらに腐敗が進むのも忘れて観光するのです!5-5-



WoWScrnShot_191.jpg



この街にはいろんなものがありました。Bankもあったし、オークションハウスもありました。そして各種のProfession Trainerもいました。



GnomeのEngineering Trainerがいた部屋
WoWScrnShot_192.jpg
何に使うのかわからないような機械がたくさんありました。





Gnomeはベッドもちっちゃくて可愛かったです。
WoWScrnShot_193.jpg





寝てみました。
WoWScrnShot_194.jpg






WoWScrnShot_196.jpg






WoWScrnShot_197.jpg






WoWScrnShot_195.jpg
な、なんだこれはーー!!
もしかして目覚ましか?!素晴らしい技術ですなGnomeは。笑ってすいませんでした。



観光を一通り終えて、Booty Bayの一番奥の坂を下ると目的のFishingの本を売っている人がいました。
WoWScrnShot_198.jpg
Old Man Heming?老人ヘミング?ヘミングウェイの『老人と海』のつもりか!名作だな!



へミングじいさんは僕の求める本をぼったくり価格で売っていました。
WoWScrnShot_199.jpg
銀貨95枚ぃ?それって約金貨1枚じゃん!金貨が3枚しかない僕にとってはどう考えてもぼったくり価格だわ!
でもせっかくここまで来たんだし、買わないと釣りスキル上がんないから買うわ!



こうして所持金が金貨2枚しかなくなってしまいましたが、本を買って読むと、FishingSkillの上限を225まで上げることができました。
WoWScrnShot_200.jpg
アチーブメントもいただきました。



今まで上がらなかったスキルが上がるようになったので、さっそくこの綺麗な海で釣りをしてみることにしました。へミングじいさんの店を出ると、店の前で釣りをしているHumanの男性がいました。
WoWScrnShot_201.jpg
なんか座りながら釣っています。
僕は釣りをしている人を見かけると、その人がAllianceであろうがHordeであろうがなぜか嬉しくなります。自分がオンラインゲームのマゾい釣りが好きなので、仲間意識が芽生えるのかもしれません。



本当はこの人のすぐ隣で釣りたかったけど、こいつうぜーとか思われても嫌なので、
WoWScrnShot_202.jpg
びみょーに距離を置いて釣ってみました。
もしかしたら彼がemoteで手を振ったりしてくれるかもしれないと思いましたが、全くの無言でした。



それならこちらから手を振ってみたりしようかなと思いましたが、
WoWScrnShot_203.jpg
なんといいますか、彼からは他を寄せ付けないオーラみたいなものが発せられていて、どうもそのような雰囲気ではないのです。



反対側に行って少し近寄ってみる。
WoWScrnShot_205.jpg
座ってる・・・座ってる・・・座りながら釣ってる・・・



それにしても、この海ではほとんど魚を釣り上げることができません。
針にはかかるのですが、逃げられてしまいます。僕の釣りスキルがまだ低すぎるのだと思います。



へミングじいさんのところにルアーが売っていたけど、ルアー付けたら釣れるんだろうなー。でももうこれ以上お金は使えないぜ!ったく、これじゃあ『老人と海』じゃなく、『貧乏人と海』じゃねーか・・・






WoWScrnShot_204.jpg









WoWScrnShot_205.jpg




座ってる・・・ただ黙々と・・・座りながら釣ってる・・・




それからしばらくねばって釣ってみるもののほとんど逃げられてしまい、
あーあ、釣れないわ・・・ルアー買うほどお金に余裕ないし・・・もうちょっと他でスキルを上げるか、ルアー代を稼いでから出直すしかないな。よしそれじゃ、帰るか~。







WoWScrnShot_206.jpg










WoWScrnShot_207.jpg


でもこれがやりたかったんです

だって、あの人がいるときにやったら、「あ、あいつ俺のマネしたぞww」とか思われるのがシャクだったし、だからといって場所を変えてやったらどこで見られるかわからないし、だからあの人がいなくなるの待ってたんです(´・ω・`)



・・・はい、そんなこんなで初めて訪れたBooty Bayという街はとても楽しかったです。
できればこの街を拠点にクエストをやりたいのですが、僕のレベルではまだ早いみたいで、受けれるクエストが一つもありませんでした。


まぁ今回の様に、レベル上げよりも観光や、その他くだらないことばっかりやってるから、なかなかレベルが上がらないのだと思いますが、ここでレベル上げができるようになったら、ぜひBooty Bayで過ごしてみたいと思いました。



そういうわけで元いた場所、Barrensに船で戻ることにしました。



辿り着いた見慣れた町並み、Ratchetには





WoWScrnShot_208.jpg

1分おきの彼女がまだ1分おきにジャンプしていたのでした。



おしまい。




Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://jinwow.blog81.fc2.com/tb.php/25-73897b65
Listed below are links to weblogs that reference
アンデッドと海 from Kodoku

Home > World of Warcraft > アンデッドと海

Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。