Home > 2009年03月13日

2009年03月13日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

絶叫

激しい残業続きでWoWることができず、3日ぶりに遊べたと思ったら、やはり死にまくりんぐ。まいっちんぐ。



Insafはアゴの骨が腐っているので、いつも口が開きっぱなしなんですが、
WoWScrnShot_154.jpg
死ぬときもこのように大口を開けて大の字で死ぬという、とてもステキな死に様を晒します。



そして今日は新たな発見をしたのです。肉体を回収した後の白骨死体をよく見たらなんと
WoWScrnShot_153.jpg
口が閉じていた



ささ、そんなどうでもいい発見は置いといて、今回もBarrensでクエストをやっていました。
恐竜や亀を追い掛け回していたら、可愛いオークの男の子を発見しました。
近寄ってみると何か窯のようなものと、建物が見えました。
WoWScrnShot_139.jpg
男の子が窯を見つめています。



建物の中に入ってみると、奥の方で酒を飲んだくれているオークの男と、料理マスターに
何やらレクチャーを受けている男性がいました。どうやらここは小さなレストランのようです。
WoWScrnShot_140.jpg



すると、さっき窯を見つめていた男の子が店の中に入ってきて、
飲んだくれオークに注文をとり始めたのです。
WoWScrnShot_141.jpg

男の子「なにかもっと食べ物はいりませんか?」
飲んだくれ「うむ、パンだ、パンをもっと持って来い小僧!」
男の子「かしこまりました!」



注文を聞くと男の子は窯の近くにあったテーブルからパンを持ってきました。
WoWScrnShot_142.jpg

男の子「パンをお持ちしました」
飲んだくれ「よろしい。さぁ、あっちへ行け!」
男の子「仰せのままに!」



偉そうに言い付ける飲んだくれ。ムカツク!
こんな小さな子が酔っ払いの怖そうなおっさん相手に働いているだなんて・・・泣ける(´;ω;`) 
いったいどんな理由があるのかわからないけど、頑張ってね少年!感動したよ。

  



一方こちらでは・・・
WoWScrnShot_143.jpg
働く男の子を見て感動していた矢先、またもやオークの男の子を発見しました。
こちらの子は、楽しそうに外を走り回って遊んでいるようです。



しかし、何か必死で叫んでいる・・・よく見ると・・・
WoWScrnShot_144.jpg
楽しく走り回って遊んでいたのではなく、ハチに追っかけまわされていたのです。
必死で逃げているところだったのです。



彼の絶叫を聞いていると、どうやらハチを火炙りにしたみたいなんです。何やってんだ。
そして、この子が逃げ回ってる近くには建物があって、その中にはオークの女の子がいました。
彼はこの女の子に必死で助けを求めていました。



「ハチがいっぱい僕を追いかけてくるんだ!助けて!
 ハチは火が嫌いだなんて知らなかったんだ!お願いだから助けてよ!」



しかし女の子はというと・・・
WoWScrnShot_145.jpg




WoWScrnShot_146.jpg
イノシシに餌をあげるのに必死でまったく気付いていないのです。



この後も、女の子が男の子に気付くことはなく、男の子はいつまでも逃げまわっていました。
でも、どう考えても男の子の絶叫は聞こえてると思うんです。距離が近かったから。
聞こえているのに、あえて放置してると思うんです。
そこに計り知れない女の怖さを感じた僕でした。



スポンサーサイト

Home > 2009年03月13日

Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。