Home > World of Warcraft

World of Warcraft Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

放置プレイお詫び申し上げます

ごめんなさいごめんなさい。2ヶ月も放置して本当にすみませんでした。
現実世界の方が忙しくなっちゃって、さらに体調も悪くなってしてしまって、
全くWoWをやっていませんでした。あ、体調が悪いと言っても大したことはないです。

これからもなかなかWoWに時間がとれないかもしれませんが、
ここを見てくださってる方々の為にもBlogは続けたいので、更新が遅くなるかもしれませんが
毎日見にきてください。 そして会社の歯車状態の僕をあざ笑うといいです。歯車万歳!



さぁそして、2ヶ月前のWoWでの出来事を書きます。
この日僕はアチーブメントのために低レベルのインスタンスに来ていました。


まずはGnomereganです。このインスタンスの内部はとにかく怪しげな機械だらけで
怪しげな防護服に身を包んだGnomeがたくさんいました。どこもかしこもメカ。メカメカ。
Gnome達はなぜか皆、顔色が悪かったです。



最後のボスもやっぱりメカ。
WoWScrnShot_362.jpg
顔色の悪いGnomeが操縦しています。



特に問題なくこのボスを倒し、次のインスタンスへ向かいました。次はRazorfen Kraulというところです。
こちらはイノシシやコウモリ、ハイエナといった動物達の巣窟でした。
クエストもこなしながら順調に最後のボスのところに辿り着きました。



こちらがRazorfen Kraulの最終ボス、イノシシ?の女性です。
WoWScrnShot_363.jpg
なんという豊満な肉体!



いざ戦ってみると、彼女はかなりの迫力でうおーっ!と襲いかかって来ました。
WoWScrnShot_364.jpg



そして今回みなさんに注目していただきたいのは、まさにうおーっ!となってるこのシーンなんです。
少し衝撃的かもしれません。いいですか?それではいきます。







うおーっ!
WoWScrnShot_364.jpg







うおーーーっ!!
WoWScrnShot_365.jpg







うおーーっ!????
WoWScrnShot_366.jpg







(((( ;゜Д゜)))・・・







WoWScrnShot_366.jpg





見ましたか。
明らかにあの部分がはみ出ています。しかも黒いです。
イノシシ女さんは、もう少し大きめの服を着るか、ブラジャーをつけた方がいいと思うのです。



さぁそして更なる衝撃映像パート2をご覧いただきましょう。




どーーん。
WoWScrnShot_368.jpg



はい、これ僕です。名前の下に何か文字が見えます。そうなんです、Guildに入ったんです。
というのも、2ヶ月前のある日、なんと日本人の方からtellをいただきまして、Guildに誘っていただいたのです。その方以外は外人さんだそうです。
日本人の方がいらっしゃったことに喜びを感じました。初めてタバードを着けて、ご満悦な僕です。



しかしそこはアンデッドのことですから、タバードを突き破ってあばら骨が見えているし、
WoWScrnShot_367.jpg
後ろは背骨がちゃんと出ています。



どんなだろうと興味津々だったGuild Bankも使ってみることができました。
この後、一週間ほどはWoWにログインして遊ぶことができましたが、それからは冒頭で書いたように
多忙月間に突入してしまい、そのままログインできずに現在に至るというわけです。



そして7月4日、時間が取れたので約2ヶ月ぶりにWoWの世界に降り立ってみたのです。



WoWScrnShot_369.jpg
久しぶりのWoWの世界で、僕は完全なる浦島状態。



ここがどこで、今まで自分は何をしていたのか完全に忘れてしまっていました。
そうそう、ここはOrgrimmar。今のレベルは48で、クエストはどこを中心にやっていたっけな?
革細工のスキルの方はどのくらいまで上がっていたっけ?釣りスキルは?
などと、ひとつひとつ確認していきました。
たかが2ヶ月でここまで記憶が曖昧な人もアレだと思います。レアだと思います。
ババちゃん(マウント)があることすら忘れていて、ひたすらてくてく走っていたぐらいです。



一通り現状を把握したところで、Orgの銀行近くで面白いものを発見しました。
以前の日記にTroll女性の死体でできた人文字のことを書きましたが、
今回はTauren女性の死体でできた人文字があったのです。
しかも今まさに文字を作ってる最中で、その製作過程を見ることができたのです。



出来上がった文字は○○○ドットコムでした。
WoWScrnShot_372.jpg
多分、怪しいサイトだと思うのですよ!気を付けて!



しかしうまいことやりますなぁ。レベル1のTauren女子がどこからともなく現れて、
ちょうど文字になる絶妙な場所で死ぬのです。一人が文字の一部になって死ぬと、
またどこからともなくTauren女子が現れて死んでいくんです。
「一体どうやって自殺するん?」と、周りにいた外人さん達も不思議そうでした。



そして、そこにいた一人が「彼女たちを殺させないようにしようぜ!」と言い出しまして、
「みんなでヒールしろ!」と。すると周りのみんなもヒールしまくり、HoTかけまくり、Buffかけまくりで、
彼女のHPは倍近くになってました。上げ句の果てには包帯まで巻く人もいて面白かったです。
しかし彼らの努力も虚しく、Tauren女子達は次々に自殺し、文字を完成させてしまったのです。



この一連の流れを眺めていて、Tauren女子達が文字を完成させた一方で、消えてしまった文字があることに僕は気付きました。



はい、衝撃映像パート3でございます。



WoWScrnShot_370.jpg
確か2ヶ月前、名前の下に何か文字があったはず・・・そう、Guildの名前が・・・



ない!ないよ!なくなってる!
あ、あれぇ!?なんで!?もしかしてkickされたのかな!?
でもギルドのタバードは確かに着けてるよ!?



衝撃映像パート4



WoWScrnShot_371.jpg
タバードつけてても、絵がなくなってる。



やはり僕はもうあのGuildのメンバーではなくなったようです。




はいはい孤独孤独。





スポンサーサイト

海の中での出来事

以前の日記に1分おきの彼女のことを書きました。
Ratchetの大きなイカリの上でだいたい1分おきにジャンプしているOrcの彼女は
その後も僕がRatchetに訪れるたびに、いない日もありましたが
いつもと同じ場所でいつもと同じようにジャンプしていました。



そして先日、Ratchetに用事があって立ち寄った際に、いつものイカリの上を見てみると、



WoWScrnShot_339.jpg
1分おきの彼女1分おきの彼に代わっていました。



WoWScrnShot_340.jpg
彼女と同じく、彼もレベルは1です。やっぱり謎なのでした。



さぁ、そして最近の僕のレベル上げ事情なんですが、ゴールデンウィークもあったので
結構Lvが上がってしまいまして現在45であります。僕にしては驚異的な早さです。
Stranglethorn Valeを中心に、反対側の大陸にあるDesolaceやDustwallow Marshで過ごしました。



Desolaceの空はいつも暗く、厚い雲に覆われていました。
WoWScrnShot_342.jpg
あちこちに巨大な動物の死骸が転がっている岩だらけの荒れ地です。



この地はエリア全体が岩山に囲まれていて、かなり交通も不便なためか
ほとんど人に出会うことがありませんでした。



そんなDesolaceの西の端に、Shadowprey Villageという村があります。
この村のあるDesolace西側は海岸線になっており
内陸とは対照的に青空も見える明るい場所でした。



海岸沿いに建つ村なだけあって、釣竿を持ったNPCがいたり、Fishing Trainerもいたりします。
WoWScrnShot_341.jpg
ここは漁師の村なのだそうです。



小さな漁船が浮かんでいました。のんびり釣りを楽しむのもいいです。
WoWScrnShot_343.jpg
この辺りによく出現するfishing poolでOily Blackmouthという魚が釣れるのですが、
オークションでけっこう高く売れるのでおすすめです。僕の主な収入源となっております。
ボッタクリ価格で出品しております。よろしくお願いします。



クエストの途中、ゴブリンの率いるキャラバンに出会いました。
WoWScrnShot_344.jpg
商売気あふれるGoblin族はこんな不毛の地でも商いをしているようです。



その中のSuper-Seller 680という名のロボットがこんな料理レシピを売っていました。
WoWScrnShot_345.jpg
Dragonbreath Chiliって・・・すごく気になる名前。とりあえずお買い上げ!



そしてDragonbreath Chiliなるものを作ってみました。
必要な食材はMystery MeatとSmall Flame Sacが1つずつです。



そして出来上がったのがこれ。
WoWScrnShot_348.jpg
わーお!敵との戦闘中に時々火を吐き出すんですって!
チリが入ってるから辛いのは予想できますが、火を吐くほど辛いの!?どんなだろう??



Dragonbreath Chiliを食べてみると10分間のBuffがつきました。
これから10分間はたまに火を吐くことがあるというわけです。すごいおもしろそう!



よし敵と戦ってみる!



WoWScrnShot_346.jpg
うわーすごい!本当に吐いた!しかも敵にダメージ与えてます。
予想以上に激しい炎でちょとびっくり。







さらに・・・







WoWScrnShot_347.jpg
どんだけ辛いんですか!どんだけ~



これは激しすぎやしませんか!?もはや自分の上半身が見えないぐらいすさまじい炎です。
これじゃ自分の方が焼け死んでしまいますよ!そりゃ「どんだけ~」とか古いギャグも言ってしまうわ!
あ、IKKOさんは結構好きです。

でもこれ、激しすぎてすごく面白いのでみなさんも食べてみてください。
どんだけ~と言いたくなるに違いないのです。



そんなこんなで楽しんでレベル上げをしておりました。
しかしここに来て問題が発生しておりました。
Pick Pocketでスリをした時にたまに盗める鍵のかかった箱が、
スキル不足のため開けることができなかったのです。
今まで盗んできた鍵のかかったままの箱がBankを圧迫していました。
これはなんとかしないといけません。



調べてみると、DesolaceでLockpickingのスキル上げができるということだったので行ってみました。
WoWScrnShot_349.jpg



Desolace北西の海の中に鍵のかかった箱が点在していて
その箱を次々に開けていくことでスキルが上がります。
WoWScrnShot_350.jpg



この辺りの箱で225までスキルが上がるみたいですが、僕のスキルは160ほど。
周りには敵がたくさんいるし、海の中で移動速度は遅いし
窒息死しそうになるし、ちょっと苦労しながら箱を探していました。

すると突然Desolaceの全体チャットでこのようなログが・・・



WoWScrnShot_351.jpg



やだなにこれ・・・
外人さんに探されてる・・・?



なんで僕の名前が!?なぜ探してるの!?なんか悪いことしたのかな・・・?
ZとKと名乗る見知らぬ2人の名前・・・急に不安になりました。
もしかしてここで箱を開けたらいけないとか?
色々なことが頭の中を駆け巡りました。しかしここは海の中。そう簡単に見つかるはずはない。
フフフ・・・探せるもんなら探してみろアメリカン!
などと思っていると、



WoWScrnShot_352.jpg



これは一体なんなんだ。まぁ確かに腐ってますけど!
なんでそんなことを言われないといけないのか。
僕がninjyaだとでも言いたいのか。ninjyaも何も僕はこれまでほぼソロで遊んできたし、
人に追いかけ回されることなんて何もしていません!心当たりがあるとすれば
他人様の殺したmobの皮をコソドロのように剥いだことぐらいです。



これはもう文句を言うしかありません。
「キミはいったい何を言っているんだ?僕が何をしたって言うんだ?」
とチャットに文字を打っていると、Zが僕をグループに誘ってきました。
よし、グループに入って直接理由を聞きだそう。そして文句言ってやる!
顔真っ赤にしてグループに入った僕。するとKが、



WoWScrnShot_353.jpg



それはまたどういう意味の新語かアメリカンよ。何かの略語か。
続けてパーティーチャットに流れる信じ難い文字。



konnitiwa!!



!!!



日本語!?



突然の日本語に戸惑う僕。
WoWScrnShot_354.jpg
何ですか!とか言って突っかかり気味の僕。



WoWScrnShot_355.jpg



そうなんです。KさんとZさんはこのブログを見て遊びに来てくれた方達だったんです!
えぇー!そうだったんですかー!すごい嬉しい!でも最初っからそう言ってくださいよ!
外人さんに追っかけられてると思ってマジでビビりました!
だからずーっと海の中に隠れてたんです。僕をいじめる見事なSっぷりでございました。



するとZさんがさらなるS発言。
WoWScrnShot_356.jpg
遠くから眺めるだけって!やだ仲よくしてください><



そしてやっと海から出た僕は、お2人と記念撮影させてもらいました。
WoWScrnShot_357.jpg
TaurenのDeath knight、でっかくてすっごい強そうです。
間に挟まれたUNKO色の装備で身を固めているのは僕です。貧祖っぷりが目立ちます。



UNKOがよく登場する僕のブログを読んでくださってのことだと思いますが、
WoWScrnShot_360.jpg
と、Zさん。



これに気をよくした僕はあろうことか、初対面のお2人の前で
WoWScrnShot_361.jpg
まさかのチャットでう○こ発言。本当に失礼しました。



それにしてもこの突然のお2人の訪問は本当に嬉しかったです。
ブログを見てくださっていることも本当に嬉しかったです。
わざわざキャラを作って遊びに来てくださって本当にありがとうございました。

ブログにコメントをくださる方や、拍手をしてくださる方々にも本当に感謝しています。
ブログを続ける大きな励みになっています。UNKOっていっぱい書くかもしれませんが、
これからも頑張って更新していこうと思います!



そしてこのあと、お2人は用事があるとのことでログアウトされました。
WoWScrnShot_358.jpg
ログアウト中、僕にKissやHugのemoteをしてくれるお2人に、僕も何かしたい!



と思って、“/wave”で慌ててKさんに手を振った僕。



WoWScrnShot_359.jpg
Kさんもういませんでした。
Zさんに振ろうと思ったらこれも間に合わなかった相変わらずダメダメな僕なのでした。



短い間でしたが本当に楽しかったです。またいじめに来てくださいね!




Dancing Rogue

ゴールデンウィークも終わりましたね。みなさんはどのように過ごされましたでしょうか。
僕は特に予定は決めず、家でダラダラWoWやったり、友達と飲みに行ったり、友達と飲みに行ったり、友達と飲みに行ったりしていました。



5月4日はマスカラさんとこれまた飲みに行こうという話になり、久しぶりにちょとオサレなワインバーなんかにお連れしたわけなんですが、マスカラさんのワインバーで紅茶を注文するというアレっぷりに、「ここは喫茶店かよ・・・」と苦笑しながら言うと、紅茶をバカにする気ですかと訳のわからない言いがかりをつけられ、「ワインバーで紅茶を楽しむ人なんて私しかいないはず。フフン」と理解に苦しむ優越感に浸りご満悦そうでした。



さてWoWなんですが、前回の日記でも書いたように“The Noble”というタイトルが欲しくてNoblegardenイベント中に色々と頑張りましたが結局GnomeとDwarfの女性には出会えず、Noblegardenのイベントがとうとう終わってしまいました。そして新たなイベントChildren's Weekが始まっています。



ということで、さっそく新イベントのアチーブにチャレンジ!



するのかと思いきや、どうしてもタイトル獲得を諦めきれず、子供を呼び出すホイッスルだけもらって、再びGnomeとDwarfにウサミミをつける旅に出たのであります。
Noblegardenの期間中じゃないとタイトルもらえないのかなーとも思いましたが、気にしないことにしました。



そして今回僕が向かった場所は、Children's Weekのアチーブ獲得のためにAllianceの人達が訪れることになるWestfallの灯台でした。Children's Week期間中である事を利用して、この灯台で待ち伏せしようという計画でした。



辿り着いたWestfallにある灯台です。
WoWScrnShot_321.jpg



ぞくぞくと集まる孤児を連れたAllianceの人々。
WoWScrnShot_322.jpg
僕もホイッスルで孤児を呼び出してみました。



そしてしばらくすると、Gnomeの女性を発見!!
テレポートの魔法で今にもどこかに飛び立ってしまいそうでしたが、
WoWScrnShot_324.jpg
無事にウサミミをつけることができました!



ついに残るはDwarfだけとなりましたが、超レアポップなのかやっぱりなかなか来てくれません。
WoWScrnShot_323.jpg
釣りをしながら待ちます。



が、一時間経過しても現れなかったので、この近くにあるDeadminesという初期のインスタンスに寄り道しました。最後のボスを倒してインスタンスから出て、もう一度灯台を張り込みましたがやっぱり現れず・・・orz



今日はもう諦めようと思ってOrgrimmarに戻ったんです。すると、チャットにOrgrimmarが襲撃を受けていると大量に流れてきました。Hordeプレーヤー達も何やら騒然としていました。一体何が起きているの!?高レベルなプレーヤーもNPCもたくさんいる首都を襲撃するって、そんなことができるの!?状況をよく理解できないまま、高レベルプレーヤーのみんなが向かう方向について行くと、なんとHordeの大将Thrallさんがものすごい数のAllianceから攻撃を受けていました。



Hordeの精鋭達はなんとかThrallの命を守ろうと果敢にAllianceの大軍に特攻していきます。一方のThrallも驚異的な強さで徐々にAlliance軍を殺していきます。Horde、Alliance、両軍入り乱れての大乱闘。ものすごい迫力でした。こんなすさまじい光景を初めて目にした僕は、ただ呆然と立ち尽くしているだけでした。



こ、これは・・・・





なんという恐ろしい光景・・・!





こ、こんなに大勢のAllianceが首都に攻め込んでくるとは・・・・





Dwarf女子を探すチャンスですね!





などと思ってしまったんです。
なんという非国民っぷり!自身の所属する陣営のリーダーが殺されそうだというのに!
しかし、そんなことよりDwarf女子の方が大切な僕は「Horde頑張れ~」と心の中で適当に応援しつつ、両軍が必死で戦っているにもかかわらず、必死でDwarfを探したんです。僕にはまだHordeに対する忠誠心が足りないようです(´・ω・`)
まだまだこれからですよ!これからもっと忠誠心が芽生えてくるはずです!



しかし、この中にもDwarf女子はおらず、もはやお手上げ状態。どんだけレアなんですか!
そして両軍の戦いはどうなったのかと言いますと、この後続々と現れるHordeプレーヤー達に阻害され、Alliance軍は全員死んでしまい、計画は失敗に終わった様です。Thrallさんも無事でした。



Orgrimmar襲撃されるの図!
WoWScrnShot_325.jpg
このSSでは既にAllianceが少ないですが、もっともっと多くてすごかったんです!



Thrallさんはご無事で何よりでしたが、僕の目的はまたもや達成されませんでした。
なので、Allianceの人達はまた襲いに来るといいです。そしてこんなことを言ってる僕はHordeの人達から死ねばいいのにと思われること請け合いです。



このあと、Org内の銀行やオークションハウスなどをうろうろしていたらこんなものを見つけました。
WoWScrnShot_327.jpg
Trollが綺麗に並んで倒れているのです。



たくさん並んでいますがその全てがTroll女性で、しかも全て死体です。
死体を並べて文字を作っているように見えました。僕の他にも何人かが寄ってきて、みんな「なんだなんだ、何て書いてあるんだ!?」と言っていました。すると一人のオークプレーヤーがこの人文字を解読したのです。



「これは、MMUPドットコムって書いてあるぜ!」



ほぅ、どれどれ・・・



カメラをぐーーっと引いて上から見てみると、
WoWScrnShot_328.jpg
わー!すごいすごい本当だー!



ほんとすごい!これどうやってやったんだろう!?全部Troll女性で人文字!すごい!
解読したオーク氏もすごい!と思って僕がオーク氏に拍手をすると、オーク氏は喜んで踊り始めました。楽しそうだったので僕も一緒に踊ってみました。Undeadのダンスは初めて見ましたが、頭ガンガン振ってエアギターとか弾いてなかなかcoolです!



WoWScrnShot_329.jpg
すごく楽しくて、オーク氏とだんだんノリノリに。









WoWScrnShot_330.jpg









WoWScrnShot_333.jpg









WoWScrnShot_331.jpg









WoWScrnShot_332.jpg
オーク氏いないびっくり。



僕はハードな音楽が好きなんで、ライブなんかに行ったときはまるでUndeadのダンスのようになっちゃうわけですが、まぁかなりアイタタなおっさんですね。ヘドバンの意味が通じたあなたもアイタタです(嘘)
自分と同じような動きをするInsafに見入ってしまったのでした。それにしてもこの人文字はすごかった!



― それから数日後、Stranglethorn Valeでのクエストをいくつか終え、Booty Bayに報告に戻った時のことです。
僕の後ろから「メェェ~」という声が聞こえてきました。羊の鳴き声?なんだろうと思って後ろを振り返ると、



WoWScrnShot_334.jpg
どわーー!Dwarfだーーっ!!



なんとすぐ後ろに、あれほど会いたいと願った、死ぬほど会いたかったDwarfの女性がいたのです!
僕は慌ててこのDwarf女性にウサミミをつけました!



すると派手な効果音と共にアチーブを2つ同時にクリアすることができました!
WoWScrnShot_335.jpg



ドワ子さんはこれを見て、僕に拍手を送ってくれました!僕はこのドワ子さんが天使のように見えました!



そしてついについに!
WoWScrnShot_336.jpg
タイトルをもらうことができたのです!!



これほど感動したことはWoW人生で初めてです!
あまりの嬉しさにまたもや踊り出してしまいました。
WoWScrnShot_337.jpg
踊り狂う僕!









WoWScrnShot_338.jpg





すごいブサイク。




Title欲しさに逝きます

WoWでは只今Noblegardenというイベントが開催されていますが、僕はこういったイベントが好きなので、何日かかけてタマゴ集めまくりました。Noblegarden開催日から参加したんですが、特に初日なんかは恐ろしい卵争奪戦が繰り広げられていました。



このNoblegarden関連のアチーブメントもたくさんあって、パネルを見てみたら、いくつかのアチーブをクリアすることで、なんと称号がもらえるではないですか!かなりレベルの高いエリアに行かないといけないものもあったけど、どこぞのボスを倒さないといけないなどの、敵との戦闘がなさそうだったので、これなら僕でもできるかもしれない!と思い、称号欲しさからアチーブ集めをすることにしました。



アチーブのために必要なアイテムを得るためにも大量のタマゴ集めをしていました。
必要なアイテムはウサギのペット以外、拾った卵から出ました。



タキシードのシャツとズボンを着用てみました
WoWScrnShot_299.jpg
なんでタキシードまでボロボロなんだ!!



次に、ウサミミとSpring Robesというローブを着用してみました。
片手にSpring Flowerという、綺麗なお花を持ってみました
WoWScrnShot_300.jpg
もはや犯罪レベルです。



称号獲得のために必要な8つのアチーブメントのうち、5つまではクリアできました。
残りの3つが僕にとってはかなり難関でしたが、その中でも一番簡単かなーと思った
Shake Your Bunny-Makerというアチーブからやってみることにしました。



これはAlliance、Horde全10種族のレベル18以上の女性プレーヤーに、Spring Flowerを使ってウサミミを付けてあげなさいというものです。
まずはHordeの5種族の女性を探すために、人の多いOrgrimmarに行きウサミミを付けました。なかなか見つからなかったのがOrc女性でしたが、たまたま目の前を走りぬけて行った人をストーカーしてくっつけました。



さて、問題はAllianceの5種族なんですけど、僕が今まで行ったことのあるエリアでAllianceの人達とよく遭遇するエリアといえば、Booty BayかRatchetぐらいしか思いつかず、まずはRatchetに行ってみることにしました。



すると、桟橋ですっごいすごそうな釣竿を装備して釣りを楽しんでいるNightElf女性を発見!
WoWScrnShot_301.jpg



レベルもちょー高そうでちょっと怖かったけど、ウサミミをつけました。
すると彼女は釣りをやめて、僕の方をじーーーーっと見つめてきたのです。
WoWScrnShot_302.jpg
え・・・なに・・・僕がそんなにカッコイイですか?



あまりにも長い間見つめられてちょっと嬉しかっただけなんです・・・。今まで誰もこんな口が開きっぱなしの腐ったアンデッドを気にかけてくれたことすらなかったから・・・。ちょっと勘違いしてしまっただけなんです。



僕は思いきってこの綺麗な女性にハグをしたんです。/hug






そっこーツバ吐かれましたww






これはかなりウケました。あまりにも彼女の反応が早かったもんで。というか、ツバを吐くなんてエモートがあるんですね。そりゃこんな気持ち悪いやつにハグされたらツバも吐きたくなりますよ。せっかく釣りを楽しんでいたのに、どっかいっちゃいました。キモくてごめんちゃい!



その後、Ratchet~Booty Bay間を船で何回か行き来してDraeneiとHumanを見つけて、残るはGnomeとDwarfなんですが、この2種族が全く見つからないのです。Dwarf女性なんて今まで見たことすらないです。どうしようかなーと悩んで考えついたのが、Allianceの首都に行けばいい。という無謀な計画でした。でもここはPvEサーバーだし、危険はないはず・・・。とにかくどうなるかわからなかったけど、とりあえず一番人が多く集まるというStormwindに行ってみることにしました。



Ratchetから北上してDuskwoodを通過。そしてElwynn Forestへ入り
無事Stormwindの門が見える所まで到着しました。
WoWScrnShot_303.jpg
初めて見るAllianceの首都に興味津々です。



入り口には当然ガードがたくさんいるので、僕のレベルでは中に入ることはできません。でもちょっとでも中がどうなってるのか見てみたかったので、ステルスしながら少しずつ近付いてみたら、ものすごい離れてるのにうおーー!ってガードが走ってきてあっという間に殺されました。



仕方ないので、少し離れたところでGnomeとDwarfの女性が出てくるのを待ちました。
WoWScrnShot_304.jpg



やはり一番人が集まる首都だけあって、かなり人通りも多かったです。多いのは嬉しいのですが、通りかかる人ほぼ全てが僕の前で立ち止まります。そして叩かれたり、笑われたり、再びツバを吐かれたり、かなり迫害されている模様です。『僕は無害です!』をアピールするために手を振ったりしてみましたが、こんなレベルの低いのが首都近辺をウロついてるんだから、ムカつくんだと思います。これぐらいの迫害は当たり前です。むしろいぢめられて気持ちよかったなんて言えないのです。






あ!なんかちっこい人来た!






WoWScrnShot_305.jpg
男かぁ・・・






お!またちっこい人来た!






WoWScrnShot_307.jpg



このあと暫く待ってみましたが現れるのは男か、すでにウサミミ付けた種族ばっかりでした。ここから少し離れた所に、Allianceのタマゴ集め会場があるようで、そこにも行ってみて遠くからサーチしましたが、やっぱりいませんでした。



Alliance側のタマゴ集め会場です。
WoWScrnShot_308.jpg
ここにもいない・・・。超レアポップのようですな!



もうよい!今日は諦めて、次のアチーブやりますわ!



というわけで、次にやったのはHard BoiledDesert Roseというアチーブなんですが、ちょいとご説明させていただきますと、



Hard BoiledはUn'Goro CraterにあるGolakka Hot Springsという場所でウサギになって卵を産めというもの。
Desert Roseは以下の5箇所のエリアに行き、砂漠にお花を咲かせましょうというもの。

  1. Tanaris
  2. Silithus
  3. Badlands
  4. Desolace
  5. Thousand Needles

このうち、3、4、5は今の僕でも簡単に行けるので、後回しにします。
で、1のTanarisからHard Boiledで行くことになるUn'Goro Craterを通って、2のSilithusへ行くという順番になるのですが、要するに1と2の間にUn'Goro Craterが挟まるというわけです。あぁ!ややこしくてごめんなさい!



地図で見るとこういう感じです。
WoWScrnShot_312.jpg
非常にレベルの高い3箇所のエリアに行く必要があるわけなんです。
もちろんまだ一度も足を踏み入れたことはありません。



ということで、こんなレベルの高いエリアってどうなんと思いながらも称号欲しいので行きます!逝きます!Thousand Needlesから南へ下り、Tanarisに入るとすぐに花を咲かせました。ここまでは簡単です。



何か近くに街があるようですが、寄り道せずに次の目的地であるUn'Goro Craterを目指しました
WoWScrnShot_313.jpg



Tanarisの中盤まではレベル表示可能なぐらいの敵でしたが、それでも8つぐらいレベルが上なので、ワーっと遠くからも襲ってきてババちゃん(マウント)に乗っていても多数の敵に追いかけられて死亡しました。ステルスしながら歩いてもみましたが、Un'Goro Craterに近付くにつれ、レベル表示不可能な敵ばかりになって、かなり離れた場所からでも感知されてしまい、ほとんどステルスは意味を成さない感じでした。ここでも死ぬこと数回・・・ Orz



やっとの思いで、Un'Goro Craterに辿り着きました。
WoWScrnShot_314.jpg
ウンゴロクレーター?UNKOのクレーターみたいな名前ですね!
(正しくはたぶんアンゴロクレーターです)



ここで一度地図を確認してみます。
WoWScrnShot_315.jpg
Hard Boiledを達成するためにGolakka Hot Springsで産卵しないといけません。



さらにさらにレベルの高い敵がウジャってるし、もうババちゃんで一気に突っ走ることにしました。
が、突っ走る間もなく殺されます。それでも諦めずに進みました。今日は修理代も気にしません!そして死ぬこと8回ぐらい。やっとGolakka Hot Springsに到着しました。間欠泉がいくつかあって、蒸気が吹き出していました。幸いにもこの温泉の近くには敵がおらず、安全でした。



さて、いよいよここで産卵するわけなんですが、このキモい腐ったホネ男が卵を産んだらさらにキモいので、産卵するためにはまずウサギに変身しないといけません。で、ウサギに変身させる枝ってのが、Noblegardenのイベントで手に入るのですが、その枝は自分で自分に使うことができないという使えない枝なんです。使える相手はグループメンバーのみなのです。なので誰かとグループを組んで、そのメンバーに枝を使ってもらい、ウサギに変身させてもらわないといけません。



僕はそのことを承知の上でここまで来ました。同じアチーブをやってる人が絶対に誰かいると変に自信があったのです。その場でグループを組んでもらえばいいと思ってここに来ました。ところが辺りを見回してみても誰もいません・・・ざわ・・・



温泉の中を泳いで向こう岸に渡ってみても誰もいません。ざわざわ・・・
大きな岩の反対側に行ってみると、そこには綺麗なドレス姿の色の白い女性が可愛いウサギのペットを連れて佇んでいました。




WoWScrnShot_316.jpg
Taurenの女性でした。とても優しい顔つきをした牛さんでした。



ウサミミ付けて、ウサギのペット連れて、ドレスを着ているということは、完全に僕と同じアチーブをやっているに違いない!すかさず「Hard Boiledのアチーブメント手伝ってもらえませんか?」とtellするとすぐにグループに誘ってくれて、すぐに枝を使って僕をウサギに変身させてくれました。



僕は卵を産むために急いで温泉の近くまで戻りました。
WoWScrnShot_317.jpg



そしてとうとう、卵を産むことができたのです。
WoWScrnShot_318.jpg



そしてアチーブもゲットできました。
WoWScrnShot_319.jpg



牛子さんに「あなたもウサギになりますか?」って聞いたら「mo」じゃなくて「no」言われました。牛子さんはここで知り合いを待っているそうなので、僕はお礼を言ってグループから抜け、最終目的地のSilithusに向かうことにしました。



ここまでくれば後もう一息なので、死んでもあまり気にならず、3回ぐらい逝きましたがなんとかSilithusに辿り着き花を咲かすことに成功しました。



そして次の日、残りのBadlands、Desolace、Thousand Needlesで花を咲かせ、
WoWScrnShot_320.jpg
こちらのアチーブもくりあー!



後は、あの人たちだけ・・・GnomeとDwarfの女性!
このアチーブメントは簡単そうに見えたけど、これが一番最後まで残るとは:Drz
明日こそは会えますように!


叫び

僕があんなに大事にしていたラップ巻きマウスが、購入してから3週間経たずに壊れてしまいました。
有線式のマウスだったのですが、デバイスマネージャを見ても認識すらされていないので、断線が原因だと思います。
線が切れてしまうようなことは絶対にしていないし、まるで女性を扱うように大切に使っていたので、元から配線が弱かったのでしょう。元から不良品だったんじゃないかと思うわけです。
周りから「ラップなんて巻いてるからじゃね?」と言われたのですが、ラップは手が触れる部分だけに巻くというか、貼ってある感じなので決してラップは関係ないと思います!(`・ω・´)



というわけで、会社の昼休みに買った店に持って行ったんです。
某大型電気店で買ったんですが、さすがに3週間で壊れてしまうのはひどいと思い、文句言ってやる!ぷんぷん!と内心は少し怒ってましたが、そこは僕も大人ですし、あくまで冷静に紳士的に店員さんに説明しました。



「このマウスを3週間程前にこちらで購入したんですが、もう動かなくなってしまったんです。それで、
レシートも無くて、保証書も箱も全部ありません。どうしたらいいですか。



最悪な客です。何もかも捨ててしまったので本当に僕が3週間前に買ったかどうかという証拠が全く無いのです。にもかかわらず、しれーーっと「全部捨てました、どうしたらいいですか。」って。
どうしようもないわ!捨てるほうが悪いアホか!って自分でもわかってたんですけどね。
すると店員さんはすかさずこう言いました。



「そうですか。ではこちら商品交換ということでよろしいですか?」


えええーーー!!いいの!?いいんですか!!??



あまりにもあっさりと交換してくれると言うので驚きました。
店側で不具合が確認できればすぐに新しいものと交換するとのことで、後ろの方にあったパソコンにマウスをつないで確認していましたが、やっぱり中の線が完全に切れてしまってるということでした。
このマウスを買ったときにポイントカードを提示していたので、それで購入履歴が証明できたこともあり、すぐ交換してくれました。



もし、有料で修理に出すことになるとか、交換できないとか言われたら全部捨てたくせにちょっとごねちゃおうとか思ってたんですけど、某大型電気店さんには親切に対応していただき、とても感謝しております。ありがとうございましたヨドバシカメラさん



しかし僕は思うのです。
最近ってレシートが保証書だったり、ぺらぺらのシールだったり、あまりにも保証書を軽く見すぎてると思いませんか?レシートなんて捨てちゃうし、なによりも保証書という大切なものなのに、重みが全く感じられません。
現に僕の買ったマウスなんて、箱の裏にこんなん気付くかい!ってぐらい小さなシールが貼られてるだけでした。 もっと表彰状ぐらいしっかりした重みのあるものにして欲しいのです。できれば額に入れるぐらいの勢いでよろしくお願いしたいのです。でもやっぱり全部捨ててしまう僕がUNKOですごめんなさい。





前置き長すぎますWoWの話にします。
3日ほど前なんですが、アチーブメントってどんなのがあるのかなーと思って、パネルを眺めていたんです。



WoWScrnShot_281.jpg
しかも眺めている項目がDungeons & Raidsという、生涯kodokuなお前には関係ないだろ感たっぷりの項目でした。



WoWを始めて間もない頃、まだPaladinをやっていた頃に一度だけソロで突入したことがありましたが、入ってすぐに即死だったのでこりゃムリだとそれ以来一度も入ったことはありません。
が、さすがに一番レベルの低いインスタンスならいけるんじゃないかなーと思って、Ragefire ChasmというOrgrimmar内にあるLv10を過ぎたぐらいの人がグループで行くとちょうどよさそうなインスタンスに行ってみることにしました。(僕Lv36です)



どうせならRagefire Chasm関係のクエストもやろうと思い、まずはクエスト集めに走り回りました。
Undercityに向かう途中、飛行船乗り場に到着と同時に階段を使わず飛行船から飛び降りてるせっかちアメリカン達のマネをしてみたら思いのほか高くて、これはダメだ死んじゃう!



と思ったら残りHPが95というところでギリギリ死なず、なぜかアチーブをゲットでございます。
WoWScrnShot_282.jpg
65yardsの高さから死なずに落ちるともらえるようです。ビックリでございます。
ちなみに65ヤードは約60メートルですよ。そりゃアチーブぐらいもらわないとって高さです。



こうしてクエスト集めるだけでかなり時間がかかってしまいましたが、いざインスタンスへ5-5-
WoWScrnShot_283.jpg



中に入ってみるとそこは溶岩地獄!マグマがドロドロと流れていました。
WoWScrnShot_284.jpg
フィールドとは違い、モンスターがかなり濃い密度で密集していました。
mob自体はレベル10代のEliteだったので、当たり前ですが弱かったです。




と、ここでいらぬ冒険心が目覚めてしまい、





WoWScrnShot_285.jpg
などと言い出し、ズカズカとマグマの中に入って行ったのです。



Undercityのあのバスクリン水路のように、いかにもダメージを食らいそうな感じなのに実は平気ってオチに違いないとか思って入ったはいいけど、ものすごい勢いでダメージを食らってあっという間に死んでしまいました。



しかもOrgrimmar外のえらい遠い墓場まで戻されてしまって最悪でした。
WoWScrnShot_286.jpg
それもこれも全てUndercityのせいだと思います。騙された!でも好き!



こんなことでのっけから躓きはしましたが、このインスタンス内は狭くて、5分ほどで最後のボスのところまで辿り着きました。さすがにボスは手強いのかもしれないと思い、気合いを入れてビールをもう1本開けて、自分にBuffしましたが簡単にボスを倒すことができました。当たり前です。



WoWScrnShot_287.jpg



それと同時に本来の目的であったアチーブもゲットでございます。
WoWScrnShot_288.jpg



一番初期のインスタンスにもかかわらず、ボスや中ボスのドロップ品は今僕が装備しているものと同じぐらいかそれより上等だということに驚きました。早速装備しました。



インスタンスから出て、クエストの依頼主であったHordeの大将Thrallさんの元に報告に行くと、
WoWScrnShot_290.jpg
わざわざ椅子から立ち上がって大喜びしてくれました。



同じ部屋の片隅に変わった名前のNPCが立っていたので近付いてみると、
WoWScrnShot_291.jpg
なんとTrollのリーダーでした!今まで全然気付かなかった・・・
モヒカン頭が似合っててかっこいいです。



さて、初のインスタンス攻略が予想外にあっさりと終わってしまった為、もう1つ行ってみよう計画を立てました。次に行くことにしたのは、BarrensにあるWailing Cavernsというところで、さっきよりやや必要レベルが高いインスタンスです。こちらもクエストを集めてから入りました。



中に入るとすぐにTaurenのNPCが目に付きました。
WoWScrnShot_289.jpg
話しかけるとBuffをかけてくれました。



Wailing CavernsはBarrensの地下に広がる洞窟で、曲がりくねった道が下へ下へと続いていました。

この洞窟のどこかにNaralexという名のNightElfドルイドが眠っていて、彼は悪夢を見ているといいます。その悪夢によって彼の支持者や弟子達の多くが堕落させられ、凶悪な存在へと変わり果てました。そしてNaralexを目覚めさせることができるのは、唯一悪夢から免れることのできた、さっきBuffをくれた牛NPC(Naralexの弟子)だけなんだそうです。



というこの洞窟の概要を必死こいて解読してから先に進んで行くことにしました。
奥へ進んで行くと恐竜や、スライムがたくさんいて、NightElfのドルイドもたくさんいました。
きっとNaralexの悪夢に侵された人達なのでしょう。



最初のインスタンスが5分程で終わったからナメてかかっていたら、このインスタンス内はめちゃくちゃ広くて、その広い中に点在する4人のNightElfドルイドのリーダーを倒さないと最後のボスには会えないみたいなので、まずは4人のリーダー探しをしました。



リーダーの中の一人です。
WoWScrnShot_293.jpg



さすがはドルイドのリーダーだけあって、
WoWScrnShot_294.jpg
クマやネコではなく、大きなヘビに変身!



途中、クエスト対象のmobも狩りながらですが、とにかくめちゃくちゃ広くて、やっと最奥まで辿り着き、4人目のリーダーを倒すことができました。(ここまで約2時間・・・orz~)
と同時に、入り口にいた牛ドルイドの大声が洞窟内に響き渡りました。



「Naralexを目覚めさせる時がついに来た!勇敢な冒険者達よ、私を手伝いに来てくれ!」
僕は一人ですけどね^^;



そう言われたので再び入り口まで戻ると、Naralexのところまで護衛してくれと言われました。
襲いかかるmobを退治しながらしばらく歩くと、一人のNightElf男性が寝ている部屋に辿り着きました。Naralexでした。



すると牛ドルイドがNaralexを呼び覚ます為の儀式を始め、何やら魔法を詠唱し始めました。
儀式が終わるまで、私を守り抜いてくれと言います。
守り抜くって何よ、僕の方が守って欲しいわよ。とか思っていたら周りからワラワラとヘビがたくさん沸いてきて、儀式中の牛ドルイドを攻撃し始めるではないですか!
そうか、きっと彼が殺されてしまったら終わりなんだ!そうはさせない、なんとしてでも守り抜くわよ!
と、気合いを入れて残ったビールを一気飲み。ぬるかった。



WoWScrnShot_295.jpg



やっとヘビが片付いたと思ったら少しの間を置いて今度はスライム軍団が襲いかかってきました。
やだ!牛さんを攻撃しないで!なんとかスライム全員の注意を自分の方に向かせたものの、今度は自分のHPがだんだん減っていきます。しかしまだ儀式は続いています。
てかNaralex寝過ぎだはよ起きろ!とか画面の前で一人叫んでました。
僕はこの時ほど人に早く起きて欲しいと願ったことはありませんでした。



こうして次々に押し寄せる波をなんとか乗り切ったあと、とうとう現れたのです。ラスボスが。







WoWScrnShot_296.jpg
やだなにこれ・・・ぬらぬらしてますよ。



そしてついに迎えた最終決戦。
WoWScrnShot_297.jpg
ろくにご飯を食べる間もなくボスが現れたため、ここまで来て死んじゃうのかと思いましたが、1対1だったのでボスの方が案外あっさり死んでくれました。さっきのスライム軍団の方が危なかったです。



こうしてついに2つ目のアチーブをゲットしたのでございます。
WoWScrnShot_298.jpg



牛ドルイドの儀式も無事終わり、Naralexはやっと目覚め、2人は鳥に変身してどこか遠くへ飛び去って行きました。いや~よかったですね、お二人さん。



これでやっと終わったー!と思って一息ついていると、どうやらまたドジをやらかしてしまったことに気付きました。クエストで7匹殺さないといけないmobを6匹しか殺していなかったのです(´・ω・`)
しかもここからは遥か遠くの最奥のあたりにしか生息しないmobです。
あ、またやっちったw でももう道もわかったし、道中の敵も倒して少ないはずだからすぐに行けるかも!と思って、再び最奥を目指したんです。



最初は、わーーサクサク進む!と喜んで走っていたんですが、なんか様子がおかしいのです。全部のmobを倒したわけじゃないのにmobが一匹もいないのです。ざわ・・・
まさか・・・ざわざわ・・・






いやあぁぁあ!Naralexが起きたからだあぁあーっっ!!



Naralexが悪夢から目覚めたので、洞窟内が浄化されたのでしょう。
そこは僕のおかげでモンスターがはびこることのない平和な洞窟へと変化していたのです。
そしてその平和と引き換えに絶望に包まれた貧祖なRogueが一人。



彼は平和な洞窟内でこう叫びました。



Naralexもう一回はよ寝ろ!!



ついさっきNaralex寝過ぎだはよ起きろ!と叫んだにもかかわらず。



---おしまい---






Blackrock鯖のAlliance側で遊んでおられる、こころんさんからブログのリンク許可をいただきましたので、LINKにころころこころんを追加しました。
このブログとは大違いで、とてもほのぼのとした可愛らしい感じのブログで、僕はすごい癒されちゃってます!




Home > World of Warcraft

Search
Meta
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。